読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是ジャグリング

ジャグリングを通じて感じたこと考えたことを綴っていきます。

ジャグリングが登場する作品の紹介(4)―ロバート・ゼメキス『THE WALK』

ジャグリング 作品紹介 映画

こんにちは、ゴ~チョです。
最近更新が滞りがち。(やっぱり毎日はきついか)
今回は映画の紹介です。

ロバート・ゼメキス『THE WALK』

 

 

実在の綱渡り師をモデルにした映画

1974年、ワールド・トレード・センターの巨大ビルの間を
ワイヤーロープ一本で渡ったフランス人の実話を映画化しています。
主人公のフィリップ・プティを演じるのは
映画『インセプション』や『ダークナイト ライジング』にも出演していた
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットです。

 

カスケードくらいは本当にやってそう

基本的にはNYでの綱渡り計画を中心に話が進むのですが、
合間の独り語りや大道芸人時代のシーンでジャグリングを披露しています。

ハットのタンブル、3ボールカスケード、3トーチカスケード、
4クラブファウンテン、スピニングボール...

手元を移さないシーンもあったりしたので、
もしかしたら差し替えか合成かもしれません。
撮影にあたってジョゼフはモデルになったフィリップ本人から
綱渡りやジャグリングの手ほどきを受けたらしいので
カスケードくらいは普通にジョゼフもできそうです。
いやしかし、この映画の監督はロバート・ゼメキス
何気ないシーンにCGやVFXを駆使することで有名なこの監督なら
ジャグリングシーンはすべて合成でもありえないとは言い切れません...
(主人公らの後ろのほうでリングやパッシングの練習してる人たちはガチでやってます多分)

 

ジェフかわいいよジェフ

実際にロープを渡るのはフィリップ一人ですが、
実施場所の計測や機材の運搬、ロープのセッティング等は一人ではできず
当然協力者が必要です。(作中では「共犯者」と呼んでいました)
フィリップの"偉業"を手伝う「共犯者」の一人に、
高所恐怖症の数学教師ジェフがいます。

1m上がっただけでブルブル震え出してしまうくらい高いところが苦手なのに
なぜかフィリップの志に賛同して地上411mで健気に頑張るジェフ
普段は数学教師というお堅い仕事をしているせいか
フィリップが偉業を達成したときの喜びの身体表現がなんか様にならないジェフ

 

もう一人の主人公はお前だ


と思うくらい、ジェフへのシンパシーが止まらなくなりました。
捕まるリスクは高いうえに成功しても自分が注目されるわけではない。
それでも志に共感したから協力するってなかなかできないですよね。

 

別作品でも披露してくれないかな

このブログの作品紹介の方針として、本筋には極力触れずに
ジャグリングの登場シーンに着目して紹介しています。

 

そのせいで作品本来の魅力が伝わってない恐れもありますが、
実話を元にしてなきゃ絶対入れてなさそうな演出とか、
彼が渡る前と後でのWTCに対するNY市民の愛着の差とか、
その後このビルに起きた出来事とか、思うこと考えることの多い良い映画です。

 

主演のジョゼフさんには別作品でも
何かジャグリングを披露する機会が巡ってきたりしないかな
と個人的には期待しています。

ではまた!