日々是ジャグリング

ジャグリングを通じて感じたこと考えたことを綴っていきます。

初めてのシガーボックスには何買えばいいの?今あるシガーボックスの種類をまとめてみた

 どうも、ゴ~チョです。
 最近なんとなく需要を感じたので、書きます。
 初心者の方にシガーボックス購入について聞かれたときの指針になりましたら幸いです。といっても虫食いだらけのレビューなので、以下に書かれた評価と別の価値基準や意見をお持ちの方は是非お聞かせください。一緒にレビューを充実させましょう。

 

シガーボックスは大きく分けて2種類

 シガーボックスは大きく2種類に分けられます。ウッディ(木製)とプラ(プラスチック製)です。それぞれの特徴を簡単にいうと「精密性のウッディ、耐久性のプラ」といった感じです。

 価格は2019年4月23日確認時点のものを税込で書いています。
 サイズ表記は直方体の最短辺・中辺・最長辺の順で記載しています。

ウッディシガーボックス

バイキングウッディ

国内メーカー「バイキング」のシガーボックス

  • サイズ:60×120×180(mm)
  • 重さ:200g
  • 価格(1個):2,484円
  • ゴ~チョ使用経験:あり

 「バイキング シガーボックス」で検索すると風船太郎さんのページがトップに表示されます。それでいいのです。バイキングウッディは風船太郎オンラインショップでのみ購入できます。
 作りが精密かつ一個の重量が他ブランドに比べて断トツに軽く値段も安いので、9個以上のスタッキング技(積み木のように積み上げてバランスをとる技)をするならこのシガーボックスがおすすめです。

 ただし、このシガーで高く投げ上げる系統の技を練習しまくると秒でお釈迦になるので、火力志向のプレイヤーにはおすすめしません。JJF2008チャンピオンシップ3位の竜半さんは確かこのシガーを使用していたはずです。

200083.com

ヘンリースウッディ

ドイツの老舗ブランド「ヘンリース」のシガーボックス

  • サイズ:60×120×180(mm)
  • 重さ:270~320g
  • 価格(1個):3,456円
  • ゴ~チョ使用経験:あり

 重い、硬い、うるさいの3拍子が揃ったシガーボックス。後で紹介する「きぞはこ」に次ぐ頑丈さで、良い木を使っているのか挟んだときの音は高めの澄んだ音です。なのでやってる当人は楽しかったりするのですが傍から聞いてるといかんせんうるさい。ショップで公表されている数値上はバイキングと同サイズのようですが、重いせいか感覚としてはヘンリースの方が大きいです。

 せっかくのウッディなので、きれいな木目をみせていきたいところなのですが、木目そのままだとサラサラしていて掴みにくいです。重さも相まって指が非常に疲れる......僕は泣く泣く透明のカッティングシートを貼りました。

 ビジュアルが美しいのは確かです。ジャグリング・ユニット・フラトレスがこのシガーをよく使っています。

ヘンリース ウッディシガーボックス A-00399 色:青

ヘンリース ウッディシガーボックス A-00399 色:青

 

 

きぞはこ

国内シェアを着実に伸ばしつつある工場制手工業の雄「きぞは工房」のシガーボックス

  • サイズ:60×120×180(mm)
  • 重さ:231~265g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

 シガーボックスで特に消耗しやすいカドの部分に耐摩耗性の高いゴムを装着するやさしさ。「ウッディは面の精度は高いが壊れやすい」そんな常識を覆す、「精度も高いし壊れにくい」シガーボックスです。これが一人の職人さんの手によって作られているかと思うと驚きです。

 いまや近畿圏の学生シガージャグラーのほとんどが使用しているのではないでしょうか。最近では近畿圏外にもユーザーが広がりつつあるみたいです。

www.boxmith.com

かずはこ

ナンバーズに特化したきぞはこ

  • サイズ:60×120×165(mm)
  • 重さ:239~263g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

 4個5個以上のシガーボックスを使用する「ナンバーズ技」。近年のナンバーズ技の爆発的発展に寄与しているといっても過言ではないのがこの「かずはこ」です。

かずはこ - きぞは工房

プラスチックシガーボックス

dubeプラ

アメリカdube(デュベ)社製のシガーボックス

  • サイズ:公式データ不明
  • 重さ:公式データ不明
  • 価格(1個):$32.00-(3,600円くらい)
  • ゴ~チョ使用経験:あり

 今もし日本でこれ使ってる人がいたら超古参なので最敬礼もの。
 ひと昔前までは「シガーボックスといえばこれ」という感じの超メジャーブランドでした。
 10年くらい前から段々とサイドシート面の平面クオリティが下がってきて、今ではナランハを筆頭に国内ショップでも取り扱いをやめてしまいました(dube自体が生産をやめたわけではない模様。dubeのWebショップのラインナップにはまだあります)。

https://www.dube.com/cigarbox/poly.php

色の組み合わせシミュレーションするのは楽しい

ナランハプラ

ボルトによる2枚貼り合わせタイプ

  • サイズ:60×125×185(mm)
  • 重さ:239~247g
  • 価格(1個):3,456円
  • ゴ~チョ使用経験:あり

 dubeプラのクオリティ低下を契機に、日本のジャグリングショップ2社がそれぞれオリジナルシガーボックスを開発しはじめました(当時の記憶を頼りに書いているためこの辺りの前後関係・事実関係は曖昧ですご了承ください)。そのうちの1社がナランハです。国産プラシガーボックスの登場です。

 現在出回るブランドの多くが採用している一体成型タイプではなく、2つのパーツをボルトで留めているタイプです。ボルト穴はちょうどエッジテープでかくれるため気になりません。指でなぞると「あ、くぼんでるな」とわかる程度。挟んだときの音は、ボルトで留めているだけあってやや不協和音めいた音になります。

www.naranja.co.jp

RFプラ

ネオンカラーのエッジテープがおしゃれ

  • サイズ:60×120×180(mm)
  • 重さ:260g
  • 価格(1個):3,780円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

 オリジナルシガーを開発したもう1社、ラッドファクターによるシガーボックスです。ボディ色は黒のみですが、エッジテープの色が選べます。他のブランドはエッジテープの色までは選べない(大抵は白か黒固定、選べてもせいぜい白か黒の2色)ので新鮮です。

radfactor.net

ビアードプラ

イギリスの老舗ジャグリングブランド「ビアード」製のシガーボックス

  • サイズ:58×124×195(mm)
  • 重さ:215g
  • 価格(1個):2,700円
  • ゴ~チョ使用経験:あり

サイドシートはフェルトや豚革ではなく、硬質スポンジっぽいラバーが貼り付いています。挟んだときの感覚がちと不思議。
他のシガーボックスに比べてやや薄めなので手の小さい方にも掴みやすいかもしれません。プレート自体もやや薄いのか、強めに掴むとちょっとベコベコします。
かつてはdubeプラにも扱いがあったグローインザダーク(蓄光)版を入手できるのは、今やビアードプラだけかも。

ビアード プラスティック シガーボックス A-18992 色:青

ビアード プラスティック シガーボックス A-18992 色:青

 

 

ぷらきぞはこ

その硬さ、もはや凶器

  • サイズ:60×120×180(mm)
  • 重さ:235g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

 ウッディ並の面の精度で、プラスチック並の耐久性を実現した最高傑作。射出成型ではなく、プラ板を組み合わせて製作することによってひずみや重さ違いの問題を解消しています。

www.boxmith.com

サイズや強度はそのままに重量を調整した軽ぷらきぞはこ(-55g)、重ぷらきぞはこ(+30g)もあります。

ぷらかずはこ

ナンバーズに特化したぷらきぞはこ

  • サイズ:60×120×165(mm)
  • 重さ:220g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

ぷらかずはこ - きぞは工房

サイズや強度はそのままに重量を調整した軽ぷらかずはこ(-40g)もあります。

薄ぷらきぞはこ

手の小さな方にも掴みやすく

  • サイズ:57×120×180(mm)
  • 重さ:225g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

 積み上げ系の技に影響が出ないギリギリをねらって掴み幅を削ったシガーボックスです。きぞは工房のラインナップはシガーボックスジャグラーへの愛に溢れています。

薄ぷらきぞはこ - きぞは工房

大ぷらきぞはこ

見映えのよい大きなぷらきぞはこ

  • サイズ:60×130×195(mm)
  • 重さ:235g
  • 価格(1個):4,900円
  • ゴ~チョ使用経験:なし

重量と掴み幅はそのままに、サイズアップを実現。より迫力のある見映えになります。

大ぷらきぞはこ - きぞは工房

初心者におすすめなのは

 紹介しておいて、自分が使ったことないものまで載せているため断言が難しいですね。それに一口に初心者といってもスタート時の熱意や方向性、目標によっておすすめは異なってきそうです。

「毎日3時間練習はザラ、シガーボックスをひたすら練習したくて、今後2年3年と続けていきたい」
という方には、長く使えてイニシャルコスト払うだけの価値が十分にあるきぞはこシリーズをおすすめします。

さらに「4個や5個の技にも意欲的に取り組みたい」
というなら初めからかずはこ購入でもよいでしょう。

「とにかくイニシャルコストを抑えたい」
そういう方にはバイキングウッディを推しておきます。自作しようとしたり、それより安いものを探したりするとかえって遠回りになる可能性大です(そこを敢えて突き抜けた奇特な例が、きぞは工房さん)

「外で練習するから強度は欲しいけど、長く続く趣味になるか自信ない」
そんな方にはナランハプラRFプラがちょうどいいかもしれません。

 ちなみにバイキングウッディときぞはこの値段がほぼ2倍の関係。とりあえずバイキングウッディを買って練習してみて1年以上壊れなければそのままバイキングで十分。もし1年以内に壊れたとしたら、例えばnか月で壊れた場合、その後2×nか月以上練習を続ける確信があるのならばきぞはこ購入のほうがお得です。こんな判断方法でもいいんじゃないでしょうか。

ではまた!